企業の課題や問題点を解決するサービス

企業にとってなぜ業績が悪化しているのかを自分たちで判断できないこともあります。多くの企業で業績が良いときに間違った判断をしてしまい、そこから様々な課題や問題点が増えていくこともあります。その企業だけではどうすることもできなくなってしまったときに、初めて外部のコンサルタント会社に依頼をして課題や問題点の解決支援をしてもらおうとします。日本でも多くのコンサルタント会社がありますが、グローバル展開しているEYアドバイザリーに解決支援のためのアドバイスを受ける日本企業や日本に支社がある外国の企業などがあります。

世界4大会計事務所の一角を占めているEYアドバイザリーは、世界150カ国で展開しているコンサルタント会社です。日本にもメンバーファームがあり、世界のエリアの中で日本は独立して区分されています。EYアドバイザリーが日本でサービスを提供している4つのラインがあります。それはコンサルティング・アドバイザリーを中心に監査・税務・トランザクションのサービスを提供しています。これらのサービスが独立していて、それぞれの部門で専門の知識を持っている人が、クライアントの業種や現状を考慮して、もっとも最適なチームを編成してコンサルタントのサービスを提供しています。

日本でサービスを提供するときは多くの日本人スタッフがクライアントと向き合っています。EYアドバイザリーはグローバル企業だからこそ、同じビジョンを共有することができます。EYアドバイザリーはクライアントの課題や問題点などの様々な事業リスクに対応をすることができる体制を整えています。日本のメンバーファームでも、スタッフが一丸となってサービスを提供しています。4つ主要サービスラインを迅速に提供し、品質にこだわって企業の経営課題と真摯に向き合っています。EYアドバイザリーのサービスは、管理能力を引き上げることができることに強みを持っています。さらに課題や問題点を回復させるだけでなく、その後も継続的に企業の業績が成長し続けるための支援をしています。

EYアドバイザリーは世界中を4つのエリアに分けて事業展開しています。アジアエリアもありますが、その中でも日本はエリアに属することなく独立しています。それほど力を入れているエリアだからこそ、日本のオフィスでは積極的に日本人のスタッフを採用したいと考えています。様々な職種や業種の企業に対して最適なサービスを提供することができる人材を必要としています。多くの企業を支援して課題や問題点を解決し、さらに成長し続けることができる企業になるために、自分自身の能力を最大限に発揮できる人材をEYアドバイザリーでは必要としています。

日本企業に適しているアドバイザリーサービス

EYアドバイザリーは日本企業のビジネスに対する課題や問題点をあらゆる角度から解決のためのアドバイスを提供します。あらゆる分野に強みを持っていて、コンサルティング以外にも、監査、税務、トランザクションの4つの主要なサービスラインを確立しています。それぞれのサービスに特化した専門家が多数います。それらのスタッフが企業の状況に応じてチームを編成して対応をします。日本企業のクライアントだけでなく、日本に法人を構えているグローバル企業にも対応をすることができる体制を整えています。

EYアドバイザリー代表のインタビュー記事を読む

EYアドバイザリーは協力しあうことができる体制が整っている特徴があります。日本のメンバーファームでは多くの日本人スタッフと外国人スタッフが協力し合ってクライアントに求められているサービスを提供しています。日本でも最大級のビジネスに特化しているプロフェッショナルグループという強みを十分に活かしながら、それぞれのスタッフが適材適所に配置されています。EYアドバイザリーでは様々な専門的な知識を有しているスタッフが多数在籍しているメリットを活かして、あらゆる業種や職種でもクライアントの課題や問題を可決するために最善を尽くしてくれます。

EYアドバイザリーの日本のメンバーファームでは、一緒に働いてくれるスタッフを募集しています。常に公式サイトでは新卒採用とキャリア採用の求人情報を掲載しています。ビジネスをサポートする世界的な会社で働くことができるということは、ダイナミックな仕事をすることができるということです。そして様々なクライアントの現場を経験することで、自分自身が大きく成長させることができる会社です。ビジネスの第一線の現場で働いてみたいと思っている人や、自分自身を成長させたいと思っている人に、EYアドバイザリーは最適な職場環境となっています。

EYアドバイザリーの新卒採用とキャリア採用とでは、選考プロセスが異なります。そのために自分がどのような身分で応募するのかを十分に理解をしておかなければいけません。EYアドバイザリーでは公式サイトで、どのような選考プロセスになるかを解説しています。事前に確認をして全ての選考プロセスをクリアできるように準備をしておくことが必要になります。コンサルタントの現場で仕事をしたことがない新卒希望の学生も、すでにキャリアがありステップアップしたいと思って転職を考えている人も、やりがいを感じて仕事をすることができる職場です。

継続的に支援とサポートをする

日本市場を重要な位置づけで業務を展開しているEYアドバイザリーは、日本企業に対して、会計監査、アドバイザリー、税務、トランザクションの4ラインを軸に事業を展開しています。とても魅力的なコンサルティングサービスを提供しています。日本企業に特化したEYアドバイザリーオリジナルのアドバイザリー機能に特化して、様々な業種や職種に対してコンサルタントを提供しています。そして監査や税務の問題にも切り込んで、総合的にクライアントの業績が回復するようにトータルでサポートしています。

世界中で多くの企業にコンサルティングサービスを提供してきたEYアドバイザリーの強みとして、グローバルで一貫して培ってきたノウハウやツールを日本市場でも展開しています。それぞれの日本企業に対して、知見と専門性を活かしたサービスの提供を得意としています。多くの企業と向き合いながら、あらゆる事業リスクに対して対応をしてきました。そして業績を回復させるためのサポートをすることができる体制を整えています。

EYアドバイザリーでは課題や問題点を解決させるだけでなく、それぞれの企業が持続的に成長することができるようにサポートをし続けます。継続的にサービスを提供するのがEYアドバイザリーの特徴になります。それはコンサルティングのアドバイザリーが大きく関わってきます。全てのお客さんに満足していただけるサービスを提供するために、日々クライアントのためにスタッフがチームを編成してあらゆる業種や職種のクライアントをサポートしていきます。

多くの日本人スタッフが在籍しているEYアドバイザリーでは定期的に人材採用のための求人を公開しています。EYアドバイザリーの公式サイトの採用情報のページで情報を確認することができます。会計監査、アドバイザリー、税務、トランザクションのどれからの仕事に興味がある人は積極的に応募をすることをおすすめします。学生を対象にした新卒採用だけでなく、企業へのアドバイス経験があるキャリア採用も募集しています。やりがいを感じて仕事をすることができますし、自分自身を大きく成長させることもできます。EYアドバイザリーでは多くのスタッフを受け入れる体勢を整えています。このチャンスを活かすのも見捨ててしまうのも自分次第です。ビジネスの最先端でクライアントをサポートしながら、自分自身で改善点を提案することができる仕事はとてもやりがいがあります。

企業の課題や問題点を見極めて改善させる

EYアドバイザリーはロンドンに本社があるグローバルに事業を展開している会社です。総合コンサルティングファームとも言われるEYアドバイザリーは、世界4大会計事務所の一角を占める大手の企業です。現在EYアドバイザリーは世界150カ国に展開していますが、その中でも日本はアジアエリアに属することなく独立してエリア分けされています。つまりEYアドバイザリーは日本市場に大きな可能性を感じています。世界的な日本企業もたくさんあります。そして世界的な企業の日本支社もたくさんあります。とても魅力的な市場だと感じている日本を1つのエリアと考えてサービスを展開しています。

企業の課題や問題点を改善し、業績を回復させるためのサポートをするのがコンサルティング会社の役割です。世界展開をしているコンサルティング会社はたくさんありますが、イギリスに本社があり、世界中に支社を構えているEYアドバイザリーは、日本でもコンサルティング業務を提供しています。日本法人のEYアドバイザリーでは積極的に日本人スタッフを採用しています。外国人スタッフも在籍していますが、日本企業に対して多くの日本人の社員が積極的に業務改善をするために仕事に取り組んでいます。

EYアドバイザリーのサービスを利用するクライアントは様々な問題点を抱えています。これを解決するために会計、税務、アドバイザリー、トランザクションの4つの主要な分野でサポートするためのサービスを提供しています。全てのクライアントの課題や問題点が解決することができるように最善を尽くします。クラインとは様々な事業リスクを抱えていることが多いです。このリスクを回避することができるように、目先だけの業績回復だけにとらわれることなく、継続的にビジネスの成長を支援するサービスも提供しています。

クライアントの業績を回復させてより良い社会になるために貢献してきたEYアドバイザリーは、経験豊富なプロフェッショナルのスタッフがチームを編成してクライアントにアドバイスをします。EYアドバイザリーではあらゆる業種のクライアントの期待に応えるために、人材育成に力を入れています。その根源にあるのが積極的に人材採用です。EYアドバイザリーでは定期的に人材を採用し会社を発展させてきました。現在新卒採用とキャリア採用を募集しています。公式サイトからエントリーをすることができます。そして詳細の情報も確認することができます。総合コンサルティングファームと言われているEYアドバイザリーでは幅広い業務内容があります。それらの現場の最前線で働くことができることにやりがいを感じることができます。

採用までの流れを理解する

ロンドンに本社があり、グローバルなアドバイザリーサービスを提供しているEYアドバイザリーは、日本の支社でも多くのスタッフが働いています。日本を独立したエリアにして、世界的に知られている日本企業や、日本に拠点を構えているグローバル企業と向き合っています。多くのスタッフが働いているEYアドバイザリーで自分自身を成長させるために、様々な企業と向き合いながら、自社のアドバイザリーサービスを提供しています。グローバルな視点で日本企業が求めているアドバイスを提供します。EYアドバイザリーはプロフェッショナル・サービス事業を展開する会社です。企業が業績を回復させたいために、自社で提供することができる主要な4つのサービスを提供しています。それは会計、税務、アドバイザリー、トランザクションのサービスです。

コンサルティング会社のEYアドバイザリーは日本法人を展開しています。そこで働く日本人スタッフを定期的に採用しています。新卒も中途も積極的に採用をしていますが、詳細の情報は公式サイトで公開しています。大学生にも人気があるコンサルティング会社で働くことができるチャンスがあります。そして既に他のコンサルティング会社で働いている人も更なるキャリアアップのために、EYアドバイザリーに転職することができるチャンスがあります。EYアドバイザリーが必要とする人材であれば、複数の選考プロセスを経て入社することができます。

新卒採用の選考プロセスは、まずエントリーをしたあとに筆記試験があります。この試験ではその人の基礎能力がどれくらいあるのかを見極めていきます。基礎学力と思考能力、さらには仕事の現場で必要になってくるコミュニケーション能力や基礎的な協調性も筆記テストの結果で判断することになります。筆記テストをクリアすることができたら、次のステップで面接が行われいます。どのような人物かを見極めるために面接はとても重要です。受けるほうも対策をしていかなければいけません。

EYアドバイザリーの面接は複数回行われます。面接ではその人がどのような人物なのかを具体的に判断します。志望動機がどのようなものかを聞きながら本気度も確認します。そして個人の能力が優れているかも見極めていきます。さらにEYアドバイザリーの社風にその人物が合っているかどうかも確認するカルチャーフィットにも重点を置いています。複数回行われる面接をクリアできて初めて内定をもらうことができます。